商品紹介
抗菌・殺菌・防虫・芳香、自然の香りがしてリラックス効果

つくばのヒノキオイル

つくばのヒノキオイル

外から帰ってきて玄関に入るとがなんか臭う……。

でも、芳香剤を置けば、いかにも臭い消しって感じ……。「つくばのヒノキオイル」は、目立たない所に塗ったり、布に染み込ませて隅に置いたりすれば、どこからかほんのりと自然の香りがしてきます。

ひのき風呂に入り心も体もリラックスするのと同様の効果

ヒノキの香りの入浴剤もリラックス効果が有るといわれます。「つくばのヒノキオイル」をアロマ用の陶器などに染みこませ隅に置いたり、布やスポンジに染み込ませ、お気に入りの布に入れて吸盤などでタイルにぶら下げたりすれば、毎日のお風呂は檜の香りでリラックスタイム。

トイレには芳香剤が定番?

「つくばのヒノキオイル」を布に染みこませ、お気に入りの容器に入れて置けば、おトイレでリラックスタイム。

ジメジメした押入れや下駄箱などカビが発生しやすい場所にも!

押入れには、床に塗って、スノコを敷けばOK。開ける度にヒノキの良い香りがほんのりとしてきます。下駄箱には、底や内壁に塗ればOK。玄関にこもる靴の臭いも気になりません。

これ1つで、カビ予防・ダニ予防・防虫効果・抗菌作用・殺菌作用・芳香効果

つくばのヒノキ水

つくばのヒノキ水

玄関・浴室・トイレには芳香剤として!

外から帰ってきて玄関に一歩踏み入れると、なんか臭う…。でも、芳香剤を置けば、いかにも臭い消しって感じ…。

ヒノキ水は、目立たない所に散布したり、ビンなどの入れ物に入れ隅に置いたりすれば、どこからかほんのりと自然の香りがしてきます。

温泉宿でひのき風呂に入ると、心も体もリラックスしますよね…。ヒノキの香りの入浴剤もリラックス効果が有るといわれます。

ヒノキ水をスプレー容器に入れ替えて壁に向かってスプレーすれば、毎日のお風呂はヒノキの香りでリラックスタイム。

トイレには芳香剤が定番ですね。ヒノキ水を布に染み込ませたり、そのままお気に入りの容器に入れて置けば、トイレでリラックスタイム。

押入れや下駄箱などのカビ・ダニ予防!

ジメジメした押入れや下駄箱には、カビが発生しやすいもの。

押入れには床に散布してスノコを敷けばOK。開けるたびにヒノキの香りがほんのりとしてきます。

下駄箱には、底や内壁に散布すればOK。玄関にこもる靴の臭いも気になりません。

足の臭い対策に!

靴の中(つまさき部分)に直接散布するのも良いですが、その場合、靴下に多少色が付く事が有りますので、濃い色の靴下を履いた方が良いでしょう。

靴に染みついたいやな臭いも和らぎます。

ブーツや靴を長時間履く方、毎日同じ靴を履く方には、靴の中敷に散布し、その上に薄い中敷を敷けば足の臭いも和らぎ、水虫予防にもなります。

靴を脱ぐ時に、もう足の臭いで悩む必要はありませんね。

その他

シロアリ、ダニ、ゴキブリ、蚊などの害虫を寄せ付けません。

家具の後ろなどに散布すれば、ゴキブリも近寄りにくくなるでしょう。
布に浸み込ませて、家具や壁などを拭けば雑菌と芳香でリラックス。(薄い色の壁紙を拭くときには色が付きますので、さけた方が良いでしょう。)

< ご注意 >

  • ヒノキ水をガラスの容器に入れる際には、足元に置くかなにかして割れたり、倒し て中身が、漏れない様に注意してください。
  • お子様やペットが触ることがない様にご注意下さい。(万が一、目に入ったり飲み 込んでしまった場合は、直ぐに病院で見てもらってください。)
  • 皮膚に付いてしまった場合は、直ぐに手を石鹸で洗って下さい。(臭いは何日か残 ります)
  • 衣類やカーペット等に付きますと、洗っても落ちにくいので取り扱えには十分にご 注意ください。
  • 使用する場合は、必ずゴム手袋をして、新聞やビニール等を敷き、衣類や周りに付か ないようにご注意ください。
  • 飲み物ではありませんので、飲まないで下さい。
  • 香りかた、効き目に関しては個人差ががざいます。
大自然のエキス

木酢液

木酢液

つんと鼻を突くこげ臭さのある木酢(もくさく)液。トイレやペットの糞尿のにおい、生ゴミなどの悪臭を消す働きは抜群だ。木酢液は水洗式になる前の家庭の汲み取り便所や公衆便所などで効果を発揮していた。数滴、落とすだけで悪臭が消えていく。トイレのにおいは、アンモニア、硫化水素を主体として、ほかにメルカプタン、スカトール、酪酸といった悪臭の代表的なものからなっている。これらの悪臭を木酢液は簡単に消し去ってしまう。弱アルカリ性のアンモニアは、酸性の木酢液で中和され、においが消える。スカトール、メルカプタンなどの硫黄化合物は木酢液中のフェノール類が悪臭に覆いかぶさる形になり、悪臭を消し去ってしまう。

木酢液」は、消臭の他に以下のような目的にも使用できます。
浴槽に入れて …… 保湿、かゆみ、肌荒れ等に。
園芸や野菜作り、土壌改良の際に。殺虫剤として。

使用目的 内容 希釈量
入浴に 保湿、かゆみ、肌荒れ 200L浴槽に湯飲み茶碗1/3
園芸に 花卉(観賞用草花)、切り花の長持ち 1000倍
野菜に 白菜、ナス、トマト、キャベツ、ネギ、馬鈴薯 400倍~500倍
野菜に ホウレンソウ 1000倍
果物に 果物全般 1000倍
土壌改良に 新土地の耕作時に 400倍
消臭 悪臭を除去する場合は30倍の希釈で噴霧して下さい

鶏、ブタやウシなどの家畜の糞尿の悪臭消しにも木酢液は効果がある。生鶏糞を使ったこんな実験がある。 木酢液を浸し含ませた木炭をベニヤ板で囲った悪臭槽に入れ、この中に隣に敷きつめた鶏糞の悪臭を換気扇で導き、木炭―木酢液の槽を通貨させると悪臭の濃度が減少した。 木炭は小さな空隙に液体である木酢液を留め、保持する役目をしているが、木炭自身、その空隙に悪臭を吸着して消臭効果を向上させるのに役立っている。 木炭に木酢液を浸し含ませて鶏の飼料に混ぜて食べさせると、排せつ物の悪臭が低減する。 木酢液を混入すると排せつ物からのアンモニア濃度は20~40%減少し、硫化水素濃度は85%も減少する。 ウシ、ブタでも同様なことが知られている。ブタの場合、飼料の残飯に木酢液を混ぜて食べさせると食欲が増し、生育状態がよくなるという。

生ものなどのゴミ置き場、畜舎、下水など、悪臭を発生する場所で木酢液は効果を発揮する。 木酢液を滴下するか、じょうろやスプレーで散布すればよい。ただし、必ず必要以上に散布しないよう注意してほしい。 散布しすぎると木酢液の鼻を突くこげ臭さに悩まされかねないからだ。

  • つくば環境技術研究所の環境に優しい製品を是非ともお試しください! 製品のお買い求めはこちら
  • What is New Innovation: Marton Chips?
  • 株式会社つくば環境技術研究所 茨城県つくば市沼崎11-3 電話 : 029-848-0250/1778 - FAX : 029-848-1780 営業時間 : 10:00-16:00 定休日 : 土日祝/年末年始・盆休 お問い合わせはこちら